アクセスカウンタ

<<  2016年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
8月も終わりです
8月も終わりです 8月も終わることだし、月末に相応しい写真をと歩き回りましたが、なかなか意図するようなものを見つけることが出来ず、ズルズルと日が過ぎてしまいました。やっと見つけたのがこの写真です。ついこの間、田植えをしていた風景を覚えているのですが、すでに秋の気配を感じさせる「案山子」をみつけました。一反ほどの田に、4体の案山子がスズメと対峙していました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/30 19:28
のんびりと過ごしています
のんびりと過ごしています お隣の和歌山県に嫁いできたツレアイの同級生の方(とは言え、70歳の手前です)が、自分たちで育てたもので「どうぞ」と言って持参してくれました。季節ごとにお世話になっています。写真を見ただけでもお分かりのように、まあ見事な果物に育てています。揃って千葉県は市川市の出身で、お世辞にも「色白で」などとは言えないほど逞しく日焼けされ、重い収穫物を楽々と両手で持ち運びし、葛城山のお山を一つ越えて「軽トラ」を飛ばして我家まで運んできてくれます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/21 09:01
暑い暑いと言いながらも秋の気配が
暑い暑いと言いながらも秋の気配が JR阪和線高架工事が続いています。左手に上り電車が駆け抜ける中、高架化が完了している下り線に沿うように、上り「レール」の施設準備が進み始めました。(北方向の、天王寺方面を向いています)。一日でも早い完成をと思う泉州人は多いのですが、決められた日程管理に基づいて進められているのですから無理も言えません。ただただ完成を待つのみです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/18 18:13
そろそろ次年度への準備の時期
そろそろ次年度への準備の時期 今年も暑い日が続いたせいか、「ゴーヤ」の実がたくさん付きました。いわば、パッションフルーツとゴーヤの年として記憶するでしょう。お盆のこの頃にもなると、ゴーヤにも飽きてきて以降大きく実るものは、来年用の「種」にします。小さな実は相手にせず、大ぶりの実の種だけを保存しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/15 19:02
散歩がてら
散歩がてら 毎日と言ってよいほどに立ち寄る公園の入り口に、写真のような「止まれ」の道路標識が書き直されました。交通量が多い上に、この四つ角を越えた左側は保育所です。標識が薄くなるのは自動車の往来が激しいためです。そのため、タイムリーな書き換え修正が求められています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/13 10:34
乗り切れ猛暑
乗り切れ猛暑 土用の丑の日は、世間様と同様「ウナギ」で一杯です。熱燗6合を一時間かけてノンビリと頂きます。聞くところによると、高齢者の健康食は「旬の陸・海産物」が一番だそうで、どんな物でもお酒のアテになります。ここ泉州では、ウナギよりも安価な「アナゴ」が好まれてよく食卓にのってきました。同時に、この時期は「シラス漁」が最盛期で釜からあげたばかりのものを口にするという習慣が今でも続いており、子どもから大人まで口に運んでいます。ただ小生は尿酸値がやや高めで、医師から通風を無視するなら食べてもいいけれど、「痛いよ」... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/09 10:16
迎賓館
迎賓館 今夏からのスタートなのだが、迎賓館の一般入場が可能になりました。事前申し込みをして予約を確定した上で、入場が可能になるという手順が面倒なのですが、京都迎賓館の見学に出掛けてきました。一日2000人限定ということで、日時を明確にして予約。それはまあ、見事な造りで調度品一つ一つが現代日本の粋を極めたものばかりでした。昨年は奈良の都を飛鳥を中心にして訪れましたが、1400年の歳月を経た初期日本の文物を楽しみました。ならば今年は、現代日本を見ようということででかけてきました。 http://www8.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/07 14:16
京都行
京都行 若い頃、真夏の7月・8月・9月の3ヵ月間京都太秦で暮らしたことがある。昭和の40年代の初頭ということもあり、冷房はなく、団扇を振り振り机に向かって勉強を強いられていた。いま振り返ると、名所や旧跡を訪れることもなく、神社仏閣の神仏にすがる事もなく、某有名映画撮影所を見学するではなく、ただただ勉強一筋の時間を過ごしたことが懐かしい思い出だ。以来、この40数年間に何回か京都を旅してきたが、舞鶴や宮津を基点にした日本海側中心で、秋の三千院訪問を除くと今回が本格的な都訪問となった。写真は四条大橋袂で出会っ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/03 16:00

<<  2016年8月のブログ記事  >> 

トップへ

おきてがみ
チヌの海 2016年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる