隠れ湯

近所のYさんに、「自宅の温泉に入りに来エへんか」と誘われた。お言葉に甘えて、早速カランを持って出かける。手ぶらでは何なので、お宝のヱビスビールを六本手土産に。2m×1.5mのガラス貼りの浴場でしかも手作り。高台のため、風呂場から眼下の景色が一望できるというハイロケーション。ヌルっとした、湯あたり。大きな浴槽で、175cmの私が寝そべっても足が向こうまで届かない。この温泉の湯。町内で湧き出る自然の湯。ただし、冷泉のため温めねばならない。しかもその前に、蚊や雑菌除去のため、ネルを使って一時間ほど濾過するという。そのおかげで、アマチュア作りの温泉をたっぷりと楽しませて頂いた。Yさん。温泉の湯を運ぶための「軽四車」一台を購入し、週に一回は家族揃って楽しんでいるという。近所には、「畑作りの趣味の人」や「料理が好きな退職者」、「毎日波止釣り」をしても厭きないという老人などなど面白い方が数多くおられるが、温泉に誘うのが趣味という新しい人を発見した。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック