方言

めったに起こらないけれど朝方、足を攣ってしまった。アッとおもった瞬間に、右のフクラハギが硬直しました。朝食時に「今朝、こぶら返り起こしてナ。まだ右が痛いワ」と話すと、「それは、コムラ返りと言いいますよ」と指摘しよった。コムラて何や。「昔から泉州ではコブラ返りて言うてんのや」。生まれてから話してきた言葉や対処法が「どうも世間の常識と違うな」、と思うことがいくつかの場面で出会ってきた。「ハジシ痛うて寝られへんかったワ」と言うと、「ハジシて何」と聞かれる(歯茎らしい)。夜中に歯痛で眠られへんとき、カブに乗って、口を大きく開けて走り回って冷やすと大きな声で笑いよる。これが泉州の治療法やでと云うても、信用してくれへんかった。仕事を終えて「早よ、いのか」と言うと、「いの て何ですか」。いのとは、帰ると云うことやで。いちいち取り上げたらきりがないけれど、単語や言葉が地域毎に違うというのはなかなか面白いことだと気が付いてきた。泉州の名言でこんなの知ってますか。「医者の俥引き」とはどんな意味だと思います ?  (貴方のことを意味していますヨ)・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック