地車祭り

豊作を願う、秋祭りが始まった。テレビ放映がされるようになったこともあり、狭い地域のお祭りが、全国ベースでその名が知られるようになってきた。
もともとこの地は、歴史的に日照りを除いて自然災害の影響が少ない土地柄である。各地に溜池が数多く設置されているのを見ても、渇水対策は数百年昔から行われてきている。油断はできないが、今年の稲の生長をみていると、豊作以上と思われる。
そのような中でのお祭りなので、盛り上がるのは当然の成り行き。
しかも老若男女が家庭・地域を上げて祭りを楽しむ習慣が出来上がったいることもあり、この二日間だけは無礼講。けれど、長幼の礼は参加者がわきまえている。また男女の区別なく祭りの一員として参加ができることも長所だと思っている。
しかし、時代の流れは祭りの有り様を変えつつある。かつては蟹祭りとも呼ばれ、地元産のワタリガニを食していたものが、収穫量の激減で輸入品に代わってしまった。また事故や警備上の問題を理解しつつも、スピードを落とす場所、やりまわしの場所等々、自己規制もあるのだろうが指定されたことに従順すぎるのではと老婆心ながら思うことが今年は多く見受けられた。
現時点では、事故は起こっていないとのこと。このまま安全で、楽しい祭りを堪能してもらいたいものだ。さあ、もう一度見物に出かけよう。画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック