事故

画像
画像

ここ数年、町内でいくつかの自動車事故が発生している。
けたたましい音を立てて救急車が来るが、運ばれている様子を見ていると生命にかかわるものとはなっておらず、たいていは自損事故ですみそうだ。
横転した車は気の毒なことに、電信柱を支えているステーに乗り上げひっくり返ったとのこと。助手席の方との会話に夢中になり、細いステーには気づかなかったそうである。
あと一台の方は、左カーブを曲がって2mに設置されていたこれまた電柱に激突したものだ。本当に事故というのは、わずかな油断で起こるものだということを教えていてくれる。
実は、10年ほど前に事故に出会った。
小雨が降る11月の午後6時30分頃、大通りから右折して狭い道に入ろうとウィンカーを出して待っていたところ、新車の軽四車が彼も右折する際、止まっていた私のクラウンにおもいっきり激突してきた。警察が入って、免許取立ての19歳の彼の100%過失として処理され、後日多額の保険金が支払われてきた。
私の住む地方には「医者の車引き」という言葉が残されている。お医者さんは患者さんという身体を毀した人の家を訪れるものだが、その車を引く人力車夫は順次患者さんの家を廻っていくのが仕事。つまり、「悪いところ廻り」をするということで、人生に幸運など訪ずれてくれたこともなく、最悪のペースで人生をおえようとしている人を指す言葉だ。まさに、私のことを指していた。「医者の車引き」だった。乗っていたクラウンは、16万キロを走破し、そろそろ買い替えようカナと相談していた時のもらい事故。すぐに、新クラウンに買い換えたのは言うまでもない。以来、「医者の車引き」として自らの不運を嘆く言葉を発することはしなくなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック