「紅」を楽しんだ今年の山々

画像

「紅」が見事であった。
今秋は、どの野山を歩いてもそうであった。
酷暑がこの美しい秋を演出するきっかけであるとすれば、猛暑とはそう悪いものではないのではないか。

画像

歩くのは、地元泉州の山だ。
和泉葛城山脈のふもとから、和歌山市にかけてと毎回決まっている。
きまぐれというのか、自然の法則を絶対厳守するというのか、ここ3年ほどは黄色ばかり見せて、紅はみせていただけなかった。
それが、写真のような色を出したのだから、出し惜しみしていたのではないかと勘ぐりたくもなるというものだ。

気をよくして古本屋めぐりにも力が入った。
初版本や、著名人のサインの収集などという高尚な趣味は持ち合わせておらず、ただ読めればいいというだけなのだか、写真のような書籍はついつい可哀想になって買ってしまう。

画像


画像

         (吉本隆明さんのサイン  吉本さんと、ばななさんのスナップ写真が栞として残っていた)
画像
画像

                 (梅棹忠夫さんからの謹呈本 司馬遼太郎さんとの対談集)

贈呈された著者の想いがひとつひとつ伝わってくる。
時代は「もったいない」という単語が広まっているが、文字通りもったいない。
大層に家宝とはいわないが、小生なら時々手にとって眺めるだけでも楽しいのだが。

画像

                  (和歌山港に上る朝日)

師走に入り一雨ごとに、寒さが増してきている。
かつて、中国はハルビン郊外の731部隊の記念館を厳寒の季節に訪れたことがあるが、「マイナス28℃」を経験した。この経験がある限り、泉州の冬の寒さは耐えられるだろう。冬の季節を楽しみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

しゅん
2010年12月12日 19:55
なるほど そう考えると 燃えるような赤色がわかるような気がしますねぇ ☆☆(^o^)/

この記事へのトラックバック