散歩の足を延ばしてみると(1)

画像
一日中、明るい陽が差し続けるので、普段の散歩から足を延ばして遠くへ出掛けてみようと昼食後に出発しました。2時間歩くと帰宅コースに変更するいう往復4時間の散歩としました。ちょうどこの時期は秋植えの野菜の植え付け時期で、年明け2~3月の収穫物のようでした。耕運機作りの畑のようで、写真のようにきれいな畝が規則正しく耕されていました。若い頃、一反ほどの畑を借りて、長い期間「さつま芋」を作り続けていたのですが、そのとき耕運機の扱い方を覚えました。意外と、写真のような規則正しい畝を作るのは難しく、石ころや硬い土壌に出会うと直ぐに耕運機の行き先が曲がってしまうということを知りました。
画像
この畑もまた、見事なものです。植えたものがまだ小さくて、何の野菜なのか判別できませんでした。
画像
先月24日に飛び立ったハトだと思うのですが、今朝方庭で遊んでいると小型のハトが飛んできて、藤の木の上にある「巣」に止まっていました。小生の考えでは、ここで育ったハトが様子見に一時帰宅したのではないかと喜んでいます。
画像
藤の木は、風と雨のため落葉してしまい、もう見る影もなくなってしまいましたが、来年春の巣作りを今から楽しみにしています。
画像
昨日は、今年最後の「ヘチマ作り」で一日掛ってしまいました。「熱湯で煮る」、「表面の皮をはぐ」、「漂白する」、「水に漬けて洗浄する」、「乾燥」の5つの工程で完了です。買っても安いものですが、このヘチマは贈り物にしても意外と喜ばれています。
画像
そろそろ移植時期を迎えているのですが、「枇杷(ビワ)」の木が大きくなってきました。6年ほど前、口にしたビワの種を乾燥させて植木鉢に植えておいたものに芽が出てきて育てているものです。ビワ以外に、ブドウ、柿などが育っています。小生の口に一回入った種から育ったものですが、汚くはありませんよ。
画像
パッションフルーツの実です。真夏に成長するものですが、美味しいものではなく、せいぜいウィスキーに雫を垂らして味わう程度です。ですが、元は一本の苗だけで、今年は約50個ほどの写真のような実が付きました。
画像
パッションフルーツの実が盛りを過ぎて、種取の実へとグリーンから茶色へと変化し始めています。この後、種だけ取り出して天日干しで乾燥させます。来年4月に鉢植えして、近所の方々に分けることになります。---続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック