親バトは待機しているのですが、藤の木に異変が

画像
今春も来てくれました、キジバトです。毎年春と秋の2回、子育てに来てくれます。今年もツガイで下見に来ていました。例年、庭の藤の木に巣作りをして、産卵し、育て上げ、雛が飛び立っていくまでが親鳥の仕事となっています。昨年は11月26日に飛び立ちました。ここ最近も、さかんに庭や自宅前の電線上でハトが遊んでいました。さて、2羽のハトが来て気付いたのですが、藤の木の育ちがおかしいのです。藤の葉っぱが出てきていません。
http://kadano-kuboo.at.webry.info/201511/article_8.html

画像
この藤の木は、我家を建てた31年前に引越しと同時に植えたものです。当時はまだ苗のままの細くて、か弱いもので、ちゃんと育つかどうかも判らないものでした。それが今では写真のように、大木に近いものとなっています。
画像
根元に近いところがネジレのために木の中が空洞に近いものとなってきて、アリの巣が付いてたくさんのアリたちが出入りしています。春に生まれたキジバトの赤ちゃんには天敵がいます。青大将がそれです。この場所から青大将がハトの巣まで昇っていき、孵化したハトの子を丸呑みしてしまい、ドンと大きな音を立てて地面に落ちてきます。落ちた後はヘビも苦しいようで、暫く休憩を取ってから自身の巣穴に帰っていきます。
画像
フジの芽は出てきてはいるのですが、写真のような状態でこれ以上の成長が止まってしまったのです。暖かくなってきたので、水を多めに与えて、刺激してみようと考えているところです。
画像
去年の夏のセミの抜け殻が庭の葉っぱにくっ付いて頑張っていたのですが、昨日の雨風でとうとう落ちてしまいました。
画像
パッションフルーツとミカンの種を植え付けて、芽が出てくるのを待っているところです。
画像
新しく生まれた、メダカの子どもたちがぞろぞろと出てきました。大きな鉢に移してしまうと共生しているフナやモロコたちに食べられてしまう恐れがあるため、ある程度成長させてから同じ鉢にうつしてやろうと思っています。今は市販のメダカ用のエサを元気よくパクついています。
画像
近所で見つけた、かなりドギツイ色合いの花たちです。
画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック