街の顔は様々

画像
入梅したとは言え、近所の百姓の皆さんの話を聞いていると「雨がない」と心配しています。稲作用のため池の水も、今のところ十分に溜まってはいるのですが、「樋の空け方」も最小に搾っており、「この程度に流している水でよくもまあ田んぼに水が張られるものだなあ」と感心するぐらいの、お情け程度の流し具合です。さて、写真は庭の「かぼちゃ花にじゃれつく虫」の様子です。

画像
「その虫」たちのおかげで、「かぼちゃに実」が付きました。
画像
トマトも「発育良しのトマト」として育ってきています。
画像
先月初めから張り出されていたのですが「夜店」のお知らせです。
画像
「やってます」。これで通じているのです。「営業中や開店中」が都会で普通に見られる光景ですが、「やってます」。いいですね。
画像
求人広告を見つけました。「男前募集」。きっと応募者が並んだことでしょう。
画像
きっと「駐輪場」の看板が小さすぎて、目にはいらなかつたのでしょう。
画像
関西資本の某家電量販店のドアの張り紙です。普通、前夜の試合を見て、プロ野球ニュースを見て、朝刊とネツトで確認して、やっと勝ったと確信するのが関西人。最近は、この「勝ちました」の張り紙を見るために散歩する男女が増えているのです。
画像
「枯れ葉剤」です。住宅地の売り出し中の土地の「道路から1mの幅で枯れています。この奥は荒れ放題の草地でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック