秋の気配

画像
不謹慎にならないように、注意して記すこととします。8月14日のちょうどお昼の時間を過ぎた頃のことです。写真のように、西(写真左側)から北東へ高高度で飛んでいた飛行機が小生の目線の上空で、急に左旋回を始めました。この地は、岸和田市別所町。散歩途上です。関空から直線で10kmほど。めったに飛行機が旋回しない位置にあります。おかしいなと、撮影を続けていました。空は真っ青な見事な夏空です。

画像
同一時間帯の航空機のことだけに、奈良県の事故からの回避措置ではなかったのかと勝手に思い込んでいるしだいです。悲惨な前々日の御巣鷹山の事故を思い出した後だけに、今回の山添村への墜落事故は、8月がなせることなのでしょうか、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。(記したことは、まったく裏の取れていないことを添えておきます)
画像
さて、東京では十数日にわたる雨の日の連続とのことですが、ここ泉州では、そろそろ秋の気配が出始めています。写真は「どんぐり」の芽がではじめた様子です。
画像
小さな「バッタ」が飛び跳ねる様子をあちこちで見かけるようになっています。
画像
暑かった夏を更に暑くしてくれていたセミの鳴声も、お盆を境にして遠ざかり、変わって写真のような「セミ死骸」をよく見かけるようになっています。
画像
今年はポスターのような、「大相撲岸和田場所」が泉州で行われるらしく、楽しみが増えました。毎年3月の大阪場所では小生の近所のお寺でも部屋が立ち上がり、相撲熱が増しますが、今回の巡業は日本人力士の健闘が続く中、きっと盛り上がることでしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック