芽吹いてきました

画像
人それぞれに「癖」があり、人それぞれに様々な「嗜好」があるのはよく承知しています。ワインを開けるとその「コルク栓」を大事に持ち帰るひと。一方、別の方はそのワインの「産地」を当てる等々趣味や嗜好を持つ人たちをたくさんみてきました。そういう小生は、自身の口に入れた果物はその種を貯めて植えてみて発芽させるのがだいすきなのです。写真は「みかん」が芽吹き移植したものです。ここまで育つとあとは三月に一回の施肥とたまの水遣りで育ってくれます。

画像
なぜか小生宅には「枇杷」の芽がよく付きます。すでに数本の枇杷の木が大きく育っているので、今年は三個だけ種を撒いて見ましたが三本が育っています。

画像


画像


画像
暖かくなってくると一番に芽吹いてくるのが「牡丹」です。ことしも一番に芽が付き楽しみを増やしてくれているのですが、この花、咲くと数日で枯れはじめるので、本当に楽しむ時間が短くて花にカラカワレテいるようです。

画像
時同じくして咲き出すのが「木瓜(ボケ)」の花です。小ぶりの花が数多く着き、息長く咲いてくれるのですが、背が伸びるのも早く咲き終わると同時に小庭サイズに枝切りするのが任務です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック