鳴門の渦潮

画像
4月18日が大潮周りで、鳴門の渦がよく観られると聞いて、早速走ってみることにしました。鳴門は、小生が住む泉州から見れば淡路島を挟んで反対側の四国側にあたります。自動車の発達で大阪湾を行き来するフェリーボートの数はゼロになってしまいました。今では、淡路島や四国側に行こうとすれば「明石海峡大橋」を渡るルートしかなく、道路事情にもよりますが3時間は走り続けねばならなくなっています。(明石海峡大橋です)

画像
淡路島の地は「たまねぎ」の産地で、今が収穫の最盛期にあたることから、新玉葱を買ってこようと決めていました。ガレージに吊るして保存します。

画像
鳴門観潮を楽しむには鳴門市側と今回の南あわじ市側の2コースがあり、淡路島側の福良港から出港する船でたのしむことにしました。

スケジュー
画像
観潮船、日本丸です。

画像
近畿と四国を結ぶ「鳴門大橋」の下にいます。

画像


画像
大波

画像
小渦

画像
翌日19日は満月でして、天候にも恵まれ「黄色いお月さん」を楽しみました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック