奇才

IMG_20200918_133753.jpg
久し振りに、天王寺に出ました。ちょうど、あべのハルカスで「江戸絵画の冒険者たち 奇才 ここは才能の渦!」が開かれており、伊藤若冲ファンの小生は、「若冲の鶏」が展示されていると聞き早速観賞へ訪れました。(ハルカス16階から、北方向を撮っています)

IMG_20200918_132827.jpg
展示方法がよく練られており、「京、大坂、江戸、諸国」と分類されていました。もちろん京の若冲の鶏を楽しみましたが、墨の黒色の濃淡での筆はそれはまあ、見事な出来でした。今回は、もう一つ目的がありました。アイヌ中心に描き残してくれた蠣崎波響でした。夷しゅう列像図に何点か残されている原色のアイヌの戦士等は、それはもう見事としか言い様のない歴史遺産です。(写真は奇才展のチラシから)

IMG_20200918_133708.jpg
小生いつも不思議におもうのは、「虎」のえがきかた。17世紀18世紀には、中国、朝鮮から見せものように船で運ばれてきて画家たちも虎の実物を見ているはずなのに、あまりにも可愛らしく描かれすぎてはいないかということ。想像上の竜はみな迫力満点なのに、虎ときたら。可愛らし過ぎないだろうか。ハルカス16階には小公園が設えられており、これからの気候の良い季節には、最高の休憩処となるでしょう。(写真は、ハルカス16階から、東の方角の奈良方面に向いています)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント