時代と共に、変化する庶民文化

IMG_20201029_161157.jpg
世の中の変化を何かに付け、無条件に受け入れ続けてきたが、ふと気付いて自身を取り巻くいくつかの出来事に限って思うところを記してみようと思う。
まずは、「美容室」のこと。
つい最近まで、この場所は女性たちが訪れるものと思っていた。男性は、散髪屋へ行くものだったハズなのだが、散歩途上で見る近所の美容室は趣が全くかわっているのだ。単車や自転車が美容室前に止まっており、座って髪を刈ってもらっているのは若い男性のようだ。どう見ても男性なのだ。
パンツのタブのこと。
パンツに限らず、下着のシャツも同様なのだが、タブの位置が昔と逆の場所についているのを時々見かけるようになった。小生はパンツのタブが付いている方は背中側にくると長い間思い込んでいたものだ。最近は、左横や、正面についているものもあり、ややこしい。シャツにいたっては、シャツの表側に、つまり体の外へ出るようにタブが付いている。一体なにが起こっているのか。
灰皿を囲む人の変化について。
すでに8月末に閉店されたのだが、近所の某大型スーパーの出入口。灰皿を囲んでボワッーとタバコを美味しそうに吸っているのは、女性たち。小生の知る限り、この場面の主役は、男性であった。
逆さ地図について
アマチュア無線を楽しんでいる方々の多くは、南極大陸との間の交信を大切にし、待ち望んでいます。しかし、日本と南極間にはオーストラリア国があり、なかなかこの国を越えて電波は飛び続けてはくれない悩みがあります。さて、昔々出張でシドニ ーへでかけた時。南極と北極が上下逆転した地図が売られていました。聞くと、誰もがオーストラリアが地球の中心にいることを知ってもらうための措置とのこと。では、日本地図上の沖縄に対する扱いはどうか。朝のテレビの気象番組を視ればよくわかる。横棒が引かれて、「対馬」の右上にある。これでは、日本全体がわからない。連日押しよせる中国漁船と軍艦の意味がわからないのではないだろうか。尖閣列島の位置を正確に伝え続ける事が大切だと思う。日本が持つ、地政学上の意味を、正確に伝えねばならないのではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック