春は朝駆け

 2月21日、厳冬期だと言うのに、気温20℃とは。新型コロナ蔓延下、「不必要な外出は控えろ」と与野党揃っておっしゃる。新聞、テレビ、ラジオも揃って「自粛してね」とお頼み調の命令を下される。「テレワーク」なる働き方に舵を切り、ネットに繋がりさえすれば、都会に住まなくても働けることになるそうだ。したがって、田舎に住んで子どもを自然に触れさせ…
コメント:0

続きを読むread more

期待は薄いが、ガンバレ

  若い頃、同級生と4人でバンドを組んでエレキベースを担当してた。ついでにコントラバスを少し勉強して、ジャズベースのマネごともしてそれなりに愉しんでいた。少しだけ、小遣い稼ぎもしていた。楽しかった過去と現実との格差の大きさに気付き、落ち込むことの多かりしの今だ。達者にはなれず、そこそこにも行けず、それなりにで、終わろうとしてい…
コメント:0

続きを読むread more

水との闘い

  表題のような見出しを付けると、ここ数年繰り返されている自然災害の「鉄砲水」や「川の氾濫」を思い出される方も多いと思います。誰もが訛りこそ違え、「生まれて初めての- - - -」や「50年、100年に一度の- - -」のセリフが毎年、夏季に聞こえてきます。他人事でなく、明日は我が身として災害に備えていることでしょう。ですが、今日は違う…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン

古希を迎えて、もう既に両手でも年を数え難くなってきた。コロナを前にして、喜寿を迎えることができるかどうか怪しい情勢だ。毒は高齢者には、よく効くらしい。ワクチン報道を前にして、たった一つだけだが朗報を聞いた気がしている。それは、「細菌」にわが国は手を染めていないということだ。「核戦争と細菌戦」。これだけは避けねばならない。コロナワクチンが…
コメント:0

続きを読むread more

もうそこまで

今日、久しぶりに北方向から西向きの飛行機雲を見た(写真参照)。先月からヘリコプターとセスナ機が飛び回るのをよく見聞きしていたが、飛行機はみかなかった。単純過ぎて、お叱りを受けそうだが、目で確認できる位には社会が動き始めているように思えた。この地は関西空港まで車で15分。コロナ以前は朝から夜中までひっきりなしに飛行機が飛び交っていたところ…
コメント:0

続きを読むread more

車検が近づいた

(突然横転した、高級車)車は、2400CCのカムリ。3月はじめに車検を迎える。今日は、TC南海で予備検査日。の、つもりでトヨタへ向ったが、以外な展開が待っていた。今回車検を受けても、来年からは、毎年車検となる。その上、タイヤとバッテリーは交換で、費用を考えると、車を買い替える時期がきているとのこと。と提案を受けた。そうか、もうそんな年月…
コメント:0

続きを読むread more

変化が楽しい田舎町

いつの時代でも、子供たちが書いているものや書き捨てたものは、大人にとっては宝物です。ましてや、前期高齢者ともなると、コロナ下で巣篭もりしか出来ないこのご時世に、地域の宝物である子供たちというのは、何をおいても大切にせねばと思っています。今日は、「この子は絵描きになれる」と思えるほど、上手な子に出会いましたヨ。逆に大人になっても、大きな間…
コメント:0

続きを読むread more