のんびりと過ごしています

お隣の和歌山県に嫁いできたツレアイの同級生の方(とは言え、70歳の手前です)が、自分たちで育てたもので「どうぞ」と言って持参してくれました。季節ごとにお世話になっています。写真を見ただけでもお分かりのように、まあ見事な果物に育てています。揃って千葉県は市川市の出身で、お世辞にも「色白で」などとは言えないほど逞しく日焼けされ、重い収穫物を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い暑いと言いながらも秋の気配が

JR阪和線高架工事が続いています。左手に上り電車が駆け抜ける中、高架化が完了している下り線に沿うように、上り「レール」の施設準備が進み始めました。(北方向の、天王寺方面を向いています)。一日でも早い完成をと思う泉州人は多いのですが、決められた日程管理に基づいて進められているのですから無理も言えません。ただただ完成を待つのみです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ次年度への準備の時期

今年も暑い日が続いたせいか、「ゴーヤ」の実がたくさん付きました。いわば、パッションフルーツとゴーヤの年として記憶するでしょう。お盆のこの頃にもなると、ゴーヤにも飽きてきて以降大きく実るものは、来年用の「種」にします。小さな実は相手にせず、大ぶりの実の種だけを保存しています。 熟れて落ちたゴーヤの種は、お世辞にもキレイとは言えず、毒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩がてら

毎日と言ってよいほどに立ち寄る公園の入り口に、写真のような「止まれ」の道路標識が書き直されました。交通量が多い上に、この四つ角を越えた左側は保育所です。標識が薄くなるのは自動車の往来が激しいためです。そのため、タイムリーな書き換え修正が求められています。 暑い日中は避け、朝夕の涼しくなり始める頃から母子が集まり始めます。その時間帯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗り切れ猛暑

土用の丑の日は、世間様と同様「ウナギ」で一杯です。熱燗6合を一時間かけてノンビリと頂きます。聞くところによると、高齢者の健康食は「旬の陸・海産物」が一番だそうで、どんな物でもお酒のアテになります。ここ泉州では、ウナギよりも安価な「アナゴ」が好まれてよく食卓にのってきました。同時に、この時期は「シラス漁」が最盛期で釜からあげたばかりのもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎賓館

今夏からのスタートなのだが、迎賓館の一般入場が可能になりました。事前申し込みをして予約を確定した上で、入場が可能になるという手順が面倒なのですが、京都迎賓館の見学に出掛けてきました。一日2000人限定ということで、日時を明確にして予約。それはまあ、見事な造りで調度品一つ一つが現代日本の粋を極めたものばかりでした。昨年は奈良の都を飛鳥を中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都行

若い頃、真夏の7月・8月・9月の3ヵ月間京都太秦で暮らしたことがある。昭和の40年代の初頭ということもあり、冷房はなく、団扇を振り振り机に向かって勉強を強いられていた。いま振り返ると、名所や旧跡を訪れることもなく、神社仏閣の神仏にすがる事もなく、某有名映画撮影所を見学するではなく、ただただ勉強一筋の時間を過ごしたことが懐かしい思い出だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不届き者

春先に小生が食した後の種を植えつけ、順調に育ってきた夏みかんの幼木たちです。ご覧のように左半分が見事に食い荒らされています。毎朝、水撒きの際は虫が付いていないか最新の注意を払ってここまできましたが、一晩でこの状態となりました。 食い荒らされる前は、このように育っていました。 ソロで写真を撮ってやると、それほど不細工ではなく、ジィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨も最終段階でしょうネ

散歩をしている最中に、急に空模様が変わってきました。写真の右手が南側で和歌山方面。左手が北側で大阪市内方面になります。雲が出てきている正面が葛城山で東側方面です。梅雨時期独特の雲の張り出し方で、ジィーっとみているとドンドン雲が発達してきます。恐らくあの黒雲の下では雨が降っているのだろうなと思いながら、のんびりとシャッターを切っていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例年7月のこの時期は、隣町の「蓮の花」を楽しむのが我家の恒例となっている。ボランティア運営されているので、ハスの開花時期が若干ズレても誰も文句など言わない。というのも今年は一週間ほど開花が早まっており、小生が訪れた時は満開日をはるか以前に終えており最後の枯れかけのハスを数本見せていただいただけであった。が、それでも「ハスを見た」という満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可愛いですね

最近はほとんど見かけなくなってきた「赤とんぼ」です。小生が子どもの頃に見てきた赤とんぼよりも、少しだけ赤色が鮮やかなっているのではと思えるほど色を忘れかけています。物を忘れることが、多くなってきているなアと感じています。とは言え、まだ身近に飛んで遊んでいるのですから、嬉しい限りです。先月も、最近は見かけなくなっている「蛍」が隣り町に出た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い日が続いています

6月末頃に突然写真用ハードディスクが壊れてしまい、まったく反応しなくなりました。2TBのハードディスクなので、かなり大きな数の写真が取り出せなくなり修理するのに2週間ほどかかってしまいました。時々はDVDなどに保存替えして複数のメディアでの保存が大切なのを判っているのにまだ大丈夫だろうと勝手な判断をして慌てることとなってしまいました。さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日は、晴れるのを心待ちしています

ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)です。何故か庭に4羽が住み着いて、楽しませてくれています。梅雨の真っ只中なのに雨降りの日はどうしているのだろうかと心配していましたが、夕方ソォーッと除いて探してみると、庭に常設している海岸用のやや大きめの日傘の下で休息をとっていました。人との飛び立ち距離(人が近づくと飛び立つ)約1mと短く、それほど人間を恐れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨でしたが、時々は止んで、庭の草木相手に遊びました

愛猫ガルー君も2歳と2ヵ月を過ぎたところですが、体重4.35kgと増減もなく元気に育っています。若猫特有の体力発散場所を我家の廊下の壁に向け、連日ガリガリと鋭い爪で掻き毟っているのが唯一の難点です。買い物帰りや庭の水撒き、散歩帰りなどで帰宅すると、我家のガルーは壁伝いに登った天井に頭をくっつけて、上から小生を出迎えてくれています。今日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい「訛り」

「ソザイゴミ」と記されています。実はこれ「そだいごみ」。漢字では「粗大ゴミ」と書かれております。次写真の矢印の部分を拡大したものですが、書き間違いではありません。近所の団地で見かけたものです。和歌山出身者が転勤か引越しかで団地を出て行くに当たって粗大ゴミ化したのでしょう。和歌山県出身の方と話しをすると、会話の中ではモロに訛りが出てきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MONO

5月から新らしく「手話」を習い始めました。半世紀になる50年前の昔、高校一年生のときに一日授業をずる休みしてアマチュア無線の資格の取得を目指したことがありました。以来51年間、趣味を替えることなくトンツートンツーと電鍵を叩き続けてきました。「あいうえお」と「A~Zに数字」を覚えて試験に臨んだことを物忘れが激しくなった頭なのに鮮明に覚えて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

茸たち

新芽が出だすとついつい目が芽に移ってしまい、古い葉っぱは見捨てがちになるのですが、写真のように少しだけ色づいてくれると全体を見渡して面白いなと感じるときがあります。今月半ばの梅雨入りを挟んで、雨にホコリが流されるということもあるのでしょうが、木々たちがいきいきとしてきます。若い頃は飲み屋のハシゴをたのしんでいましたが、今は公園のハシゴを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田植えの準備

昨夕は元気に泳いでいたメダカたちに異変が起こりました。今朝、いつものようにメダカを見に行くと何やらボウフラのようなものが動き回っています。その数、30ほど。しかし縦の動きをするボウフラとは逆の、横に動いています。そうです。メダカの稚魚が元気に泳ぎ始めていました。昨秋も沢山生まれてくれましたが、今日は「30匹」が誕生しました。(円内のゴミ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パッションフルーツ

5月27日、本年初咲きのパッションフルーツの花です。名前からして南方系の植物ですが、花の美しさと「味」は別物みたいです。晩酌の水割りや、サラダの添え物等々使ってみましたが、とにかく酷い味でした。昨年は、入り口から玄関までのアーケードにぶら下がっているパッションフルーツの実を見た人が、「ゴーヤとヘチマはわかるのですが、この実は何ですか」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近づく夏が待ち遠しい

今年最後の我家の「苺」の収穫を終えました。最終日は、わずか3個でしたが、無農薬の味の良いイチゴでした。この状態で少し肥料をやって一年間寝かせておきます。来年の4月から5月中旬にかけてまた楽しませてくれます。プランターでは、ゴーヤとヘチマがスクスクと伸びつづけています。 夏みかんの芽が出てきました。先々週、近所のスーパーで買ってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花が咲き誇っていますヨ

散歩途中の草茫々の休耕田に群生していた、美しい花たちです(名前知らず)。昔、このあたりではえていた花は黄色の「セイダカアワダチソウ」だけでした。いかにも外来種の草木ともいえる繁殖率の高いもので、お世辞にも綺麗と言えない黄色い花でした。去年まではこのような綺麗な花は育ってはおらず、おそらく見かねた誰かが植えていってくれたものだろうと想像し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着々と夏を迎える準備です

キジバトが、庭の木上に作って去ってしまった「鳩の巣」です。秋は天敵がいないので卵から雛まで育ちやすいのですが、春先は庭や近所の草叢に青大将が顔を出すため産卵しない年があります。卵を生むと、母鳩か父鳩のどちらかが巣に残り、片方がエサ探しに出掛けます。時々エサが見つからない時は、庭で捕ったミミズを巣の近くの小枝に指してやるとすぐに捕って食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お地蔵さんと子どもの日

今日は端午の節句。子どもや孫たちが、健やかに賢く育てとの思いを込めて見守る一日です。小生、散歩中によく見かけるのが「お地蔵さん」です。正確には「地蔵菩薩(じぞうぼさつ)」といい仏教の信仰対象である「菩薩」様の一尊です。丁寧に言えば「お地蔵様」。ここ泉州では、一般的には親しみを込めて「お地蔵さん」と呼ばせてもらっています。この「帽子」と「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれもこれもと・・・・

牡丹が満開となり、楽しんでいます。かつて唐の都 西安では、牡丹の花が咲き始めると庭中を開放して市中の人々に自慢の牡丹の咲き誇った様子を見ていただいていたとのことです。例年のことですが黄金虫が花粉に集まってきました。黄金虫は羽を持つため体中に花粉をくっつけたまま庭中を飛び回ります。しかも新らし物好きらしく、2~3日遅れで咲き始めるカラーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休前です

4月22日、今年の満月の中では一番小さなお月様とのことです(200mmの望遠にて)。今年最大の満月日(スーパームーン)は11月14日となります。天体で起こるさまざまな現象は、昔から人間をひきつけて放さないことの連続ですが、手持ちのカメラで簡単に撮影できる「お月様」は小生にとっては憧れともいうべき天体への入り口なのです。昼間の暖かさは日が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暖かくなりました

ヘチマの種の殻はかなり固いようで、6週間を越えて芽が出てきました。既に10年を越える収穫、種の保存、翌年の植え付けのローテーションを繰り返しているので、保存している種もそろそろ弱ってきているのかも知れません。素人考えでは、殻が固くなってきているので、新芽が自力で出てこれないのではないだろうかと思っています。来年は「新株」を購入することも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草木と共に、人間も元気が沸きます

失敗続きなのですが、「トマト」の作付けです。輪切りにしたトマトを鉢に乗せて、土をかけるだけです。コレだけで、2週間ほどで芽を出すはずなのですが、例年失敗続きで今年を迎えています。水をやり過ぎているのか、日向に出しすぎなのか、雨天には軒先に移動させてやるのか、冷え込んだ時にはビニール覆いをかけてやるのか・・・。大体この辺りに答えが隠されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部品

内臓ハードディスクです。造幣局の通り抜けを観に行ったついでに、ソフマップをのぞいてきました。何回か小生のブログで書いているのですが、古いパソコンを解体する際は「メモリー」と「内臓ハードディスク」だけは取り外して保存し活用しています。取り外したハードディスクはハードディスクスタンドに設置して、外付けハードディスクと同様な使い方をしています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

開花宣言

小生ブログ4月2日号で「フジの木に異変が・・・・・」と書いてしまいましたが、何事も無く本日無事に「5花」が咲いているのを確認し、「フジの花の開花宣言」を行います。桜では決められたソメイヨシノの花の開花を確認して宣言という手順になるとのことで、それに倣う事としました。木が枯れたなどと先走ってしまい、大変ご心配をおかけしたことを反省しており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満開です

市内水間公園の桜風景です。見事に咲いています。秋は紅葉、春桜。小学生の頃から通いなれている公園です。位置と木々の大きさが替わったものの、小生の訪れる手段が自転車から単車、そして自動車へと贅沢になっていることを除けば、すべての景色が昔のままです。仕事をしていた20代から50代の間は一度もここへは来ていませんでした。退職後に来だして、飽きる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more