テーマ:雑記

同窓会

卒業後、43年を経て同窓会に参加した。 齢61となり、ふと振り返る。 2親を含め仕事仲間の先輩後輩たちを数多く見送り、親の没年齢に近づいてくると、ともに悪さをした同窓生が気になりだしたので。 123人の仲間のうち、19名と先生お2人の21人が大阪箕面山荘に集まった。 頭の形が変り、どこまでが顔なのかわからなくなった人。小生よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最先端技術

凡人で小市民の小生にとって最先端技術の開発発表は、その都度驚かされることが多い。 小生、現役時は某通信会社に勤めていた。 1994年に通信の将来をチームで検討したが、その時、いかに小生の考え方が世界の流れから遅れているのかを知って愕然とした。 当時はまだ「モシモシハイハイ」の電話の世界。ファックスは初期のミニファックスから始まり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年賀状

退職すると現役時代と違い、年賀状の枚数が激減することを知った。 それ以前に、11月下旬から年末にかけて配達される「喪中ハガキ」が増えた。 とりわけ、同世代の死亡通知を見ると胸が詰まる。 そのおかげか、一枚一枚丁寧に賀状を眺め、差し出した方の思いを推察することができる。 家族全員、子ども達、風景などの写真入りの、手作りハガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風呂

我が泉州地方でもあちらこちらで温泉を掘り出し、大きな温泉施設が出来上がっている。 多くの人たちが訪問しているのだから、温泉業は採算が合い、企業として十分に成り立っているのだろう。 庶民の娯楽として、温泉・お風呂は身近な遊びなのだと思う。 我が連れ合いも風呂好きで、小生から見ればそんなたいした仕事もしている風には見えないのに、夕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい年

2010年。新春。小生たち、結婚39年目を迎えた。 ここ数年正月の迎え方が様変わりした。 子どもたちはそれぞれ家を出、中国と東京へ出て、帰ってこない。 それぞれ、仕事や付き合いがあるのだろうと割り切っている。 小生もそうであった。 したがって、新年は夫婦2人で迎えることとなる。 毎年正月3日は、一族の新年会と決めてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとでなし

年の瀬も押し詰まり、鳩山内閣の菅直人国家戦略相ら主要閣僚が、東京都が失業者の年越し宿泊施設としたオリンピック記念青少年総合センターを視察したと報じられた。遅い。訪れることと共に、政府の取り組みが遅い。危機感がない。 1990年代からの雇用への規制緩和政策が、官民を問わず雇用システムを派遣労働者中心に変えてしまった。打ち続く不況の波は、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

耐久性

急に冷えてきたので、エアコンを入れようとするとファンが回転しない。電機屋さんに尋ねると、耐久年月が過ぎたとの診断。購入後まだ、6年しか経っていないのに。そんなものなのか。 逆にテレビは、21年を経てもまだ映っている。ソウルオリンピックの年に買ったものだが、使えている。ただ、テレビはあまり観ないのが丈夫で長持ちしている原因だと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退職の時期

50歳で心ひそかに退職を予定していた。しかし、歳を重ねるに従い一定の仕事上の責任が生じ、思い通りに辞めることが出来なかった。それではと、55歳で必ず退職しようと決意し身辺整理を始めた。とりわけ大切にしたのは、高校を出て18歳で仕事につき、55歳までの37年の人生は何だったのかを自分なりにまとめておくことだった。でないとその延長線上にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不況と子供たちの関係

米国発の不況の波は、大人とともに子供達にも大きく影響していることを知った。後輩の高校教員からうかがった。 我が泉州地方でも、高校生がアルバイトで疲れ、登校できなくなっているのだという。 両親が解雇や雇い止めで収入が大幅に落ち込み、子どもたちのアルバイト代が生活費の一部として組み込まれているためだという。 子どもたちは1つぐらいのア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事故

ここ数年、町内でいくつかの自動車事故が発生している。 けたたましい音を立てて救急車が来るが、運ばれている様子を見ていると生命にかかわるものとはなっておらず、たいていは自損事故ですみそうだ。 横転した車は気の毒なことに、電信柱を支えているステーに乗り上げひっくり返ったとのこと。助手席の方との会話に夢中になり、細いステーには気づかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国からのお客様

お客様がやってきた、今回は、南アフリカのレソトとインドネシアからの2人の女性だ。 今までに、仕事やアマチュア無線の関係者で、フランス・ドイツ・韓国からのお客があったが、女性は初めてだ。 外交官を目指す優秀な方々で、日本語は出来ず英語だけ。でも「できるだけ、日本語で話しかけてほしい」との希望。 連れ合いはNHKの英語講座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共生

十数年前、ロシア・中国産の拳銃トカレフが新聞紙上を賑わしていた頃に子猫が住み着いたので「トカレフ」と名付けた。庭の花々を中心に写真に懲りだし二代目の子猫がやって来たので「ハナ」と名付けた。子犬は台風の当日やって来たので「風雲」と漢字で標記し「フー」と読ませることとした。 住み着いた猫や犬は良いのだが、それ以外のものにはなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓標

自宅のまん前の小道が古来の「熊野街道」。 春秋には、多くの探索家が大きなリュックを背負って、楽しまれています。 近辺には数多くの墓標が建てられており、なかなか風情があります。 紀州街道が通ったのは江戸期のことであり、それ以前は我が家の前の熊野道を多用していたと思います。 普段は生活に追われ、歴史に思いを馳せる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

止まれ-3

道路上に表示されている、「標記の方法」は、その土地柄があるのですね。自由に使えるのなら、「カーブや矢印」をつけて企業や団体の入り口を表示してもらい「年間使用料を徴収」し、各「自治体の収入源」としたらいかがでしょうかネ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

止まれ2

朝の散歩の楽しみに「路上のトマレ」探しを続けています。 今朝は写真のような地域性を丸出しにした「地車(だんじり)」停止線を見つけました。 我が地域一帯は古くから、地車の街として知られています。 この祭りの時に限り、警察、電話、電力、私鉄、商店街等、揃ってこの秋祭りに最大 限の協力を惜しみません。 とりわけ電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際交流

退職もしたことだし、何か地域でお役に立てることはないかと思案の末、日本文化に触れたいとの希望を持つ外国人の方を自宅に招くこととしました。某国際交流組織に希望を伝えていたところ、12月初旬に外交官の研修生を受け入れてほしいとの連絡がありました。お二人の女性の方で、お一人はアジア人、もうお一人はアフリカの方という事でした。当該の二カ国の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立ち読み

長いサラリーマン生活をおくった為に、へんなクセが身に付いてしまいました。 たくさんあるので、今回は読書の仕方について絞って記します。 その1つは、読書をする場所。 約60分の電車通勤だったために、車内で読む時間が1番多かったのです。稀に座れることもあるのですが、吊り革読書の常連でした。そのため重要な記載場所に線を引くことやメモを入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掘り出し「本」

2つの条件が重なった小説を手にした時ほど、展開に期待が膨らむことはない。 舞台は、デンヴァー。10年ほど前、出張で米国のコロラド州デンヴァーへ出かけ、「マウンテンバレー」の視察に出向いた。サンフランシスコのシリコンバレーが世界的に名が知れ渡り、地価や人件費が高騰したためこの地に移転が始まったためである。デンヴァーに行きますよと無線で米…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「トマレ」を探しています

自宅から10mのところに、府道が南北に走っています。変形の4差路のため、日中と夜中とでは信号機の点灯時間が違います。気づいた時には、点灯している秒数が変えられていることが往々にしてあります。 一方が緩やかな下り坂ということもあり、自転車と車、自転車と人との接触事故が多く、歩道・車道を問わずに道路上に大きく「止まれ」と停止線を書いてほし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

庭の藤棚の上にハトが巣をつくり、二羽の雛が孵りました。元気に育ち、もうすぐ飛び立つかなと楽しみにしていた矢先、青大将に一羽を食べられてしまいました。 後日、逃げ延びた一羽が元気な様子を見せに、訪れてくれましたよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安価に手に入る時代

さて、昨秋パソコンがトラブリ買い替えを検討したのですが、新品のWIN VISTを避けて中古品のWIN XPで急場を凌いでいます。ネットオークションをコマめに探っていますと、「\4,000×2台」で購入することができました。VIOとDELL社製ですが昨秋から半年以上、二台とも何のトラブルもなく機嫌よく働いています。256では心もとないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体調不良

左股関節を悪くし、歩行するのがつらくて何も手につかなくなっていました。夏本番を迎え、気温の上昇とともに徐々に楽になりつつあります。ある日突然、庭からセミのなきごえが始まりました。地面のあちらこちらに小さな穴があき、セミが出てきていました。たくさんの脱け殻が木々にぶら下がり、今年もまた対面できたことに一人喜んでいます。遮光のために育て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダウン

何とまあ、パソコンが壊れてしまいました。過去何回も壊した経験があるので、OSはWinXPとWinVistの新旧二台を自宅に供えて使っていました。辛いことに、どちらが壊れても一方が残るという前提だったのですが、ダメでした。Winアップデートが11月中旬にあったのですが、どちらもダウンロードの後、止まってしまいました。 現在は、ネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金木犀

トンツー(HAM)の音を聞きながらボォーとしていると、懐かしい香りがしている。金木犀。この臭いが好きでたまらん。と言っても酒のこと。この花の匂いで酒を思い起こす人はなかなか少ないのではないだろうか。去年の今頃、この花をたくさん集めて焼酎に漬けて一年寝かせた。毎年のことだが、いい香りがする酒が仕上がっている。電車内の吊り広告を見ている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初秋

10月に入ると、一気にまた一雨ごとに秋の気配が濃厚となってきました。 水の流れや、野草に注意を向けていると自然の移り変わりがよく見えてくることが判りました。では・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんぐり

この木の「どんぐり」は知る限り、一番サイズの大きいものです。冬場のリスの餌付け用に集めています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

存在

群れる雑草の中に紅一点。けなげに頑張っている姿が、気に入りました。 還暦も間近になると、普段気にしなかった草花にも、意識が働くようになってきました。加齢・加齢・加齢・・・・・
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カンナ

旬が過ぎ、後は老いて枯れていくだけ。自身に振り返ってみると、身につまされますネ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リス

約一ヶ月間かけて、「野生のリス」を追いかけていました。時々出くわすので、住んでする場所は大体把握しているのですが、なかなかうまく出会えません。しかし、今朝やっと会えました。旧式のデジカメなので、連写するのにも設定しシャッターを押しても、遅々として撮影してくれないのですが、撮れました(写真参照)。おそらく夫妻で朝食を探していたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去現在

過去と現在が、時々結びつくという現象を何と呼ぶのでしょうかネ。たまたま昨日、ブログにアップするために「LU(アルゼンチン)のQSL(アマチュア無線の交信確認カード)をスキャナー」撮りしたところ、今朝の毎日新聞の「余録」で「アルゼンチン」が取り上げられていたのです。普段から、LU・LU・LUと思いながら生活している訳でなく、十数年ぶりに思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more