テーマ:トマト

収穫日

午前中に墓参りも終え、午後から予定通り庭で育つ実の数々の収穫に取り掛かりました。各地に被害を振りまいた台風5号が去ったあとは、連日猛暑続きで挫けず散歩を続けるのは小生の身体に異変を起こすのではと心配しつつ、フラフラでクタクタになりつつも散歩後は一応汗の分だけ減量しているのが嬉しくて止めることができずに今に至っています。 しかも、直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街の顔は様々

入梅したとは言え、近所の百姓の皆さんの話を聞いていると「雨がない」と心配しています。稲作用のため池の水も、今のところ十分に溜まってはいるのですが、「樋の空け方」も最小に搾っており、「この程度に流している水でよくもまあ田んぼに水が張られるものだなあ」と感心するぐらいの、お情け程度の流し具合です。さて、写真は庭の「かぼちゃ花にじゃれつく虫」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭での楽しみ

情が移るというのか、ついつい相手に寄り添ってしまうという主体性のなさが小生の場合しはしば見受けられてしまいます。庭木をいじり、メダカの養殖に精を出したり、スズメを初めとした小鳥たちと付き合っていると、自分自身が相手と一体化してしまい、単なる遊びなのに夢中になりすぎて自信の成長が止まってしまっているように感じてしまうことがあります。。どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草木と共に、人間も元気が沸きます

失敗続きなのですが、「トマト」の作付けです。輪切りにしたトマトを鉢に乗せて、土をかけるだけです。コレだけで、2週間ほどで芽を出すはずなのですが、例年失敗続きで今年を迎えています。水をやり過ぎているのか、日向に出しすぎなのか、雨天には軒先に移動させてやるのか、冷え込んだ時にはビニール覆いをかけてやるのか・・・。大体この辺りに答えが隠されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅周辺の様子

アゲハチョウの中でもこの写真の蝶は、「ナミアゲハ」と呼ばれる種ではないかと思います。このアゲハチョウとトンボは毎日庭にきて遊んでいるのですが、なかなかジィーッとして写真を撮らせてくれません。いつも忙しそうに飛び回っています。この撮影時も止まっているように見えますが、連射で100枚ほども撮った中の二枚です。ナミアゲハという名は確実なも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏入りか

悪さの限りを繰り返す愛猫ガルーです。今日はツレアイの背中に飛び乗っていますが、少し腰をかがめると一気に背中に移ってきます。一歳の誕生日を迎える前後から筋肉の発達がすばらしく、自分の背丈の2倍ぐらいのジャンプをするようになりました。昨日定期健診で医者に診察してもらいましたが、「4.3kg」ありました。自宅の室内という限られた空間での生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛夏の楽しみ

笊に飾りつけたのはツレアイですが、育てたのは小生ですよ。黄色の綺麗な花は「オクラの花」です。トマトは植える時から一週間ほど時期をずらして植えているため、次々と重ならずに収穫が続いています。ミニトマトとやや大き目のトマトを、大きさや色を替えて食すようにはしていますが、酸っぱさ加減が少々違うぐらいで、やっぱりトマトです。 今年、力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手触り感

[目を凝らして頂くと、小さいイガイガが見えます]冬場とは違い、夏は多くのものを素手で掴む機会が多い。セミや蛙、ザリガニやコオロギなどは自分の手に取らない限り親近感がわかないものだ。 とりわけ「釣りエサのミミズ」などは、子どもの時期に慣れ親しむことが大事なことだと思っている。 百姓屋の方や、自家菜園を楽しんでおられる方なら毎日のことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏を迎えた感じ

昨夕(6月30日)は予想外の夕立の訪問を受け、一気に庭の草花たちに気迫が漲り次々と花を咲かせ始めました。まだ数点ですがゴーヤにも花がつき、グリーンカーテンやアーケードの成長に希望が生まれてきました。 トマトも一つだけ色づき、4月に植えた4本の苗も、順調に7月、8月と楽しませてくれるものと希望を抱かせてくれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more