過去現在

画像過去と現在が、時々結びつくという現象を何と呼ぶのでしょうかネ。たまたま昨日、ブログにアップするために「LU(アルゼンチン)のQSL(アマチュア無線の交信確認カード)をスキャナー」撮りしたところ、今朝の毎日新聞の「余録」で「アルゼンチン」が取り上げられていたのです。普段から、LU・LU・LUと思いながら生活している訳でなく、十数年ぶりに思い出してカードを見ただけなのですが、翌日にその名を新聞紙上で確認するとは不思議なものです。同様のことをいくつか体験しています。8年ほど前、ネパールのカトマンズに資金を集めて「図書館」を建設(写真)し、オープンセレモニーに一員として参加しました。国を代表して「王女」のご参加をいただき、館内を案内した後の記念撮影にも応じていただきました。帰国して約一ヶ月後、ネパール王族の集まりの場で、機関銃が乱射されお会いした王女も射殺された一人として新聞で報道されました。いえいえ、私が疫病神だったということではありません。一度伺った地が現在に結びつき、何か後を引く奇妙さに驚いているのです。上海を訪れた後に、洪水のニュース。博多の後で、水が地下へ流れ込んだニュース。名古屋の後で、川が氾濫したニュース。盛岡に行った後の地震のニュース。最近多いのが、読んでいる本の文中の月日が、今日現在の同じ月日であるという偶然によく出くわしています。誰もが、同じような経験をしているのでしょうかネ・・・・。
このような起こりごとに、名前があるのでしょうか。では・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック