金木犀

画像

トンツー(HAM)の音を聞きながらボォーとしていると、懐かしい香りがしている。金木犀。この臭いが好きでたまらん。と言っても酒のこと。この花の匂いで酒を思い起こす人はなかなか少ないのではないだろうか。去年の今頃、この花をたくさん集めて焼酎に漬けて一年寝かせた。毎年のことだが、いい香りがする酒が仕上がっている。電車内の吊り広告を見ているとボジョレーヌーヴォーが11月の何日かに解禁と宣伝されているが、『金木犀酒 』が私のボジョレーヌーヴォーにあたる。秋が来た。では・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kay
2008年10月11日 10:06
始めまして(*^^*)ぐってして頂いてありがとうございます。
今の時期は外を歩くと金木犀の香りに出会えて嬉しかったりしますよね。私も大好きなのです。
ボジョレは必ず毎年飲んでみるのですが、金木犀のお酒は自分で作らないと試せないのですね。素敵なのでしょうね。羨ましいです。
ゆむるた
2008年10月11日 17:16
実家に金木犀が植えてあったので
秋が来るのを楽しみに待ってました。
ドイツには金木犀がないので
ちょっと淋しい秋です。
2008年10月12日 10:31
コメント有難うございました。実のなるものなら、何でもお酒に漬けています。今年は6月に「やまもも」を漬けました。手作り酒は、酒呑みの「季節を味わう」という楽しみです。
見張り員
2008年10月13日 11:32
金木犀でお酒を!
はじめてうかがいました、素敵ですね。あの香り、大好きなんですがこの辺には金木犀の木がなぜかありません、、、(涙)。

この記事へのトラックバック