オランウータン

画像
画像
画像

一度は見たいと思っていた、オランウータン(orang utan)を見にペナン島へ出かけた。
「見に」ではなく「見られに」と表現した方が正しい。
大きな島全体に「ごく短距離の金網の通路」が作られ、人間がその中を歩き、彼らの生活を見せてもらうのである。
人間が檻の中に入り、オランウータンに見られるということだ。動物園の逆を思い浮かべてもらえればよい。
オラン「人」とウータン「森」。森の人だ。
望遠でのぞいていると、小生の知人の何人かの顔に似ている。愛らしい方たちだ。
彼らが絶滅の危機に瀕している。
過去100年間に90%の固体が消滅したという。
ペットとして。また、森林の伐採で。
私達が経験した、コウノトリや佐渡のトキの例とまったく同じだ  ??・・・

(写真は、目線が合ったお気に入りの一枚です)




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック