抜け殻たち

画像
早朝に縁側に座って朝の空気を吸っていると、この時期は必ずと言っていいほどセミの抜け穴と抜け殻を見つけることとなります。人から見ればあまりにも短命としか思えないセミたちですが、子孫を残すため懸命な生き方を追求しているのだなと思うことがしばしばあります。土穴から頭を出した早々、愛猫ガルーの左手の一振りで羽をもぎ取られるなんてことは日常茶飯事なことなのです。

画像
このような「穴」が庭のあちこちにでき始めています。

画像
無事、生き伸びられた一匹です。

画像
赤丸に示したのは、抜け殻たちです。地表に近い場所での脱皮には大きな危険が伴うため、このようなやや高い場所をえらぶのでしょうか。この木は庭の藤の木なのですが、約2mの高さがあります。

画像
今年はセミの抜け殻があまりにも多いので、7月1日から抜け殻の収集を始めてみました。今日は7月24日なので、約一ヶ月近い日が経ちますが、写真のように異常に多いのです。降雨量と日照時間と高温多湿が影響しているのでしょうか。それぞれの被災地の皆さんのご苦労に心が痛みます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック