ボォッーと過ごす一日

IMG_0661雲海 (1).JPG
「雲海の様子」。以前、兵庫県の竹田城を訪れたことがあるのだが、もちろんお昼前に到着して、有名な雲海などみられることがあるはずもありません。早朝でかけるのが必須条件となります。弟子屈では、午前5時集合、バ゜スで30分。5時30分には、写真の光景を観ておりました。写真で見ると自然界のなせる業の凄さに驚き入るばかりでした。弟子屈町では、カルデラの底にたまった霧を上から見下ろすことができます(写真)。

30---IMG_0696湖畔の朝食 (5).JPG
自宅でも、5月~9月の間の夕食は、ガレーシの特設ステージで摂る事にしています。食事とは名ばかりで、焼酎の水割り5杯~6杯を一時間半程度で飲み干しています。ここ屈斜路湖湖畔のホテルでは、夕食はダメで、朝食のみ申し込んでおきさえすれば、レストラン製のブレックファーストを野外でいただけました。奥のテントは、別料金さえ支払えば、テント生活が楽しめるようになっていました。
30---IMG_0696湖畔の朝食 (11).JPG
各自、思い思いにテーブルを広げて、朝食をいただきます。宿を出発する時間が各人バラバラなので、それぞれの判断で食事時間がきまります。ホテルの方は一人もいませんし、また来ません。各人、レストランで予約した時間にバスケットを受け取り、自身が決めた時間に返却するだけなのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント