テーマ:エッセイ

「『還暦』を迎えました」について

「『還暦』を迎えました」について コメント有難うございます。還暦という言葉に、家族や弟妹たちが喜んでくれているように思います。一年ぶりに三人の弟に、酒席に招かれました。一晩だけの顔合わせでしたが、楽しい一夜を過ごせませた。加齢もいいもんだナと思っています。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『還暦』を迎えました

「還暦」。若いころは、60歳といえば相当な年配の方というイメージを持っていました。自分自身がいざ還暦を迎えてみると、「そんな老人扱いをしないで」ということに尽きます。まだまだやりたい仕事、作成途中の書籍「出版」の早期完成、訪ずれたい「都市」等々と欲張って生きています。一方で、1月に誕生した孫とは、どんなに計算しても「60」離れていま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

秋の楽しみ

10月も中旬に入り、大阪近郊でも秋の気配が一気に漂いはじめました。今月末に還暦を迎える身の楽しみと言えば、庭や野山の食べ物に尽きます。内緒の場所の「渋柿」。これは皮を剥いて「干し柿」にしますが、美味しいですよ。「アケビ」は庭に。同じく、粒は少ないけれど「オリーブの実」。しかし何より毎日、口にしてサッパリするのは「ハーブティ」。ミント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花

昨年の九月、鹿児島県の知覧へ出張した際に撮ったものです。初めて見たのですが、「黄色い彼岸花」です。「泉州の彼岸花」は(続きを見る)をクリックして頂くとご覧いただけますが「赤色」です。ところ変われば、花の色も変わることを知りました。
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

方言

めったに起こらないけれど朝方、足を攣ってしまった。アッとおもった瞬間に、右のフクラハギが硬直しました。朝食時に「今朝、こぶら返り起こしてナ。まだ右が痛いワ」と話すと、「それは、コムラ返りと言いいますよ」と指摘しよった。コムラて何や。「昔から泉州ではコブラ返りて言うてんのや」。生まれてから話してきた言葉や対処法が「どうも世間の常識と違うな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撮影に出歩いていたときに、ふと自身の影を見て撮ったものです。 意外と気に入っています。 自身を映したものに、「カーブミラー」に写ったものが一つ。 また、自動車走行中に前を走る「タンクローリー」に自分の車がきれいに反射されているものがあります。 意外と、自分を己自身で撮るというのが少ないのが残念です。 ヒント等ござい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車祭り

豊作を願う、秋祭りが始まった。テレビ放映がされるようになったこともあり、狭い地域のお祭りが、全国ベースでその名が知られるようになってきた。 もともとこの地は、歴史的に日照りを除いて自然災害の影響が少ない土地柄である。各地に溜池が数多く設置されているのを見ても、渇水対策は数百年昔から行われてきている。油断はできないが、今年の稲の生長をみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠れ湯

近所のYさんに、「自宅の温泉に入りに来エへんか」と誘われた。お言葉に甘えて、早速カランを持って出かける。手ぶらでは何なので、お宝のヱビスビールを六本手土産に。2m×1.5mのガラス貼りの浴場でしかも手作り。高台のため、風呂場から眼下の景色が一望できるというハイロケーション。ヌルっとした、湯あたり。大きな浴槽で、175cmの私が寝そべって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勧めの観光地

鳴門市の大塚国際美術館へ見学に出かけ、徳島市で一泊。 眉山観光の帰路のロープウェイで乗り合わせた方から、「ひょうたん島周遊船」の話を聞き早速乗船させて頂いた。本当に楽しかったこと。無料でこのような取り組みをしている方々に脱帽。是非ご紹介をしたい。 下記へ、ログインして下さい。 http://www.city.tokushima.t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

趣味悠々

5月4日(月)多奈川の焼却場沖で「22㎝の真鯛(?チャリコ)」を上げました。2008年の初釣果となりました。当日は波も穏やかで、池の上に居るような気持ちでした。この後、キス・カレイ・ハゼ・ベラとあがり、楽しい休暇となりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more